Learning Web

起業、人材、アジア、などなど

自分が人生で感じた奇跡の組織体験(1)

「組織人事」というものを専門とするようになったのは2005年からですので、通算で13年ほどこの業界で仕事をしています。今日は自分はそうした分野に興味を持つようになった、原点っぽい体験を書いてみます。

大学の時、音楽サークルでの体験です。当時僕はクラシックギターを弾いていて、少人数でのアンサンブルや、大人数での合奏をしていたのですが、当時メチャメチャ好きな四重奏の曲がありました。(ちなみにこの曲)作曲したクレンジャンスというフランス人の作曲家はマジで天才で、この四大元素という曲は非常に豊かな情景描写のある美しい曲でした。僕はこの曲に魅せられ、仲間とともに頑張って練習して、コンサートのステージに乗りました。

演奏が始まり、夢中で弾いているうちに曲はハイライトに向かいます。そして事件は起こりました。今でも覚えているんですが、一番熱が入ったところでこれ以上なく美しいハーモニーが生まれて(上記リンクの8:20あたり)、その瞬間、体に電流が走りました。後にも先にもこれ以上美しいハーモニーを味わったことはありません。そして「時間が止まった」ような感覚を覚えたのです。もちろん気のせいだと思うのですが、その一小節だけは時間が長かったような、そんな不思議な感覚です。今でもまだあの光景を覚えています。後でメンバーに聞いても、同じことを感じた、というのです。

それからしばらく、あの時のハーモニーがそれ以降も僕の心から離れませんでした。もう一度あの響きあいを作れたらどれほど素晴らしいだろう、と時々思い出しました。そして大学を卒業し、熱中していたギターも少し演奏する頻度が下がり、その時の感動は薄れていきました。そして大学を出てから7年も経った頃、この感覚が再びよみがえってくる出来事があったのです。(続く)