Learning Web

起業、人事、アジア、などなど

Newspicks ピッカー交流会 in Singaporeに行ってきました

昨日シンガポールで行われた、Newspicksのピッカー交流会というのに行ってきたので、感想を簡単にまとめておきます。

当初定員40人のところ、それを上回る参加者が集まったとのことで会場はとても盛況。皆さんの期待の高さがうかがえました。僕のようにタイから来た人もいれば、どうやら中国から来た人も?ということでシンガポールだけにとどまらない場になりました。僕は「えっ、このために来たんですか?」と何度も聞かれました(笑)。半分yesで、このイベントがあるので出張を絡めて来ることにしました。(さらに言うと週末家族も呼んで家族旅行もくっつけました。)

出演は豪華キャストで、Newspicks ASEANエコノミストの川端さん、CDIの小川さん、そしてお馴染みリーゼントマネジャーの岡田さん。いずれも顔見知りですが、少しご無沙汰もしていたので、久々にお顔を拝見してお話もしたいな、と思い参加してみました。

川端さんはASEANの2018年のマクロをダイジェストでプレゼン。引き出しの多い川端さんなので、これだけで2~3時間ゆっくり聞きたい内容でした。小川さんのポイントは「桶狭間を創れ」。つまり、ASEANでグローバル企業に対抗するには、勝てる土俵を決めてそこに資源を集中する必要がある、というたいへんわかりやすいお話でした。そして岡田さんは彼がグローバルの中で生き抜いてきた秘訣を、主にコミュニケーション面について、いつもの調子で熱く語って頂きました。

限られた時間ではありましたが、「マクロ」「企業」「個人」という3階層が明確だったので、話は多岐にわたりながらも多様な関心に対するコンテンツとしてバランスが取れていたように思いました。また、普段こういった集まりだと、「起業家向け」「日系企業駐在員向け」とどうしても属性が分かれがちですが、それらを全て横串を通して、「新しいコミュニティを作る」という試みは価値があると思いましたし、懇親会でお話ししたUSERBASEの皆さんから伝わってきた「経済メディアで世の中を変える」という思いと相まって、ああ、新しい場を作ろうとされてるんだなぁ、というのが感じられる良い場でした。

今後は「月1回(!!)」アセアンのどこかでやるということで、かなり大変だと思いますが、陰ながら応援していきたいと思います。今後への期待の意味での改善点としては以下です。

1)スピーカーが魅力的だけに、もう少しプレゼンが聞きたかった。お三方のお話がやや短く、もう少しそれぞれの専門分野のお話をききたいなーという気持ちが残りました。(時間の兼ね合いもあったと思います)

2)参加者同士を繋がりやすくする仕掛けがもう少しできたかも?。例えば事前に予告記事を事務局にポスト頂いて、参加者がそれぞれにピックして臨むとか。それによりお互いのプロファイルが事前にわかるので、懇親会などでもよりアクセスしやすくなる気がします。

3)トピックスの設計。話題が幅広いだけに主語が「日系企業」「日本人」と色々混ざるので頭がついていくのが大変でした。例えばパネルディスカッションを2,3個のテーマに最初から設定して(例:「日系企業がアセアンで勝つには」「日本人がアセアンで活躍するには」)、大きなトピックスの流れをコントロールしたほうが議論がフォーカスできるかも、と思いました。その場合、会場との兼ね合いですが、参加者同士でグループディスカッションするような仕立てもありだと思います。

以上、今後の応援の意味も兼ねて、改善点も書いてみました。いずれにしても新しい取り組み、応援したいと思います。

シンガポール系インターでの面談で感じたこと

さて8月からバンコクにあるシンガポール系インターに通っている3年生の長男ですが、年間3タームあるうちの最初のタームが終了しました。昨日は親子面談に行って、先生と色々と会話をしてきました。自分も社員に了解を取って、仕事を抜け出して行ってきました。

システムとしてはオンライン上で先生のスケジュールが15分スロットで公開されるので、それぞれに好きな先生とのアポを取って話しが出来るシステムです。うちはEnglish, Japanese, Thai, そしてMathの4科目の先生とのアポを取りました。こうした主要科目だけではなく、他にもScienceやMusicなどその他科目の先生のアポも取れるようです。面談はもちろん英語(一部Singlish)です。子供を同席させることも可能で、我が家は子供もあえて同席させることにしました。本人も交えてフィードバックが受けられた方が有益かなと思い。

面談の内容ですが、年末に1週間のテストウィークがあったので、そこで全ての科目にスコアがついているのでその結果を返されて、どこが出来ているとか、どこが苦手だとかのフィードバックをもらうのが主です。もちろん親からの質問もOKです。成績表は期末テストの点数を約半分として、残りは普段のミニテストや学習態度などをベースにA+からCまであるそうです。日本のように相対評価ではなく、絶対評価なので、Aを取っているからと言って上位何%なのか、というのはわかりません。平均点を聞けばだいたい想像がつきますが、平均は教えてくれる先生と教えてくれない先生がいました。

感想としては、6月まで通っていたアメリカ系のスクールよりも、やはり勉強には熱心で(テストが多い)、それだけでなく一人一人をかなり見て、フィードバックしてくれるなという印象。アメリカ系にも色々あると思いますが、以前長男が通っていたところはテストや宿題が少なく、態度評点だけだったので、先生からのフィードバックも抽象的になりがち。成績表も中心化傾向にあり、良いのか悪いのか判断が難しかったです。その点、ペーパーテストで出来不出来の差がつくというのは、生徒の状態を把握するという意味では良いなぁと思いました。

前回(以下リンク)、Mathのクラスレベルの問題で色々と奮闘してくれた先生とも話すことが出来ました。結果、テストの成績が良かったので彼女は早速学校に掛け合ってくれたとの事。タームごとにクラスの入れ替えがあるので、恐らく考慮されるのではないかという事でした。こうやってタイムリーに生徒のレベルにあった授業が用意されるのは理に適っていて有難いなと思いました。その先生はとてもよくうちの子を見てくれていたので、彼女から離れてしまうのは残念なのだけれど。

親が参加するイベントが多いので、恐らく日本の学校よりも親の負荷は高いのですが、学校と親の距離がとても近いのは子供の様子を知るうえで有難く思っています。幸い、成績も悪くなく勉強も楽しいようなので、このまま学んでいってほしいなと思っています。

前回のブログ:インターの先生とのやりとり - Learning Web

お年玉を外貨で渡すことはとても良い教育かもしれない

タイの知り合いが「日本の親戚に渡すお年玉をバーツにしてみたら好評だった」と言っていて、それって教育効果も凄くありそうだな、と思いました。

自分は田舎で育ったので、小学生くらいの時なんて外国のおカネなんて見たこともなかった。でも、幼いころから、日本の他にもいろんな国があってそれぞれに経済がある、という事を知ることは視野を広げる上ですごく大切なこと。そして、その子が外国のお金を大切に貯金箱にしまって、「いつか海外でそのお金を使ってみたい」と思いながら海外や外国語に興味を持って成長していったとしたら、どれほどの計り知れない教育効果だろう。単純にお年玉をあげるよりも、よほど本人の将来のためになるプレゼントになるかもしれない。

f:id:Katsuwo:20180104141834j:plain

そもそも、おカネというのは社会を知る窓としてとても有効だと思う。今、我が家はベトナムで年末年始を過ごしているのだけど、普段バンコクに住んでいる小学生と幼稚園のわが子たちもベトナムの紙幣を見るのは初めて。お札を見て好奇心がくすぐられ、僕を質問攻めにしてくれている。

ベトナムの紙幣に書いてあるオジサンは誰?」
「どうしてベトナムやタイは全部同じ人が紙幣に書いてあるのに、日本のお金はいろんな人が書いてあるの?」
「どうしてベトナムのお金はこんなにゼロが多いの?(1,000円が20万ドンくらい)。どうして硬貨が無いの?」
「どうしてベトナムのお金とタイのお金を交換するレートは変わるの?」

・・などなど。こういう質問にちゃんと答えてあげることは、とても良い社会勉強になると思う。(ちなみに全部をちゃんと答える上で親も勉強になることは間違いない)。そしてそれは今後、世の中を理解していくのにとても役立つだろう。

今年は日本に帰国しなかったのでお年玉を渡す機会は無かったのだけど、来年帰ったときはバーツでお年玉を渡してみようと思ったのでした。

起業4年目の終わりに思うこと~2017年振り返り

今年の大みそかはベトナムホイアンで過ごしています。ダナンから車で30分、世界遺産にも登録されている、日本人にも何となく懐かしい感じのする都市です。河に浮かぶランタンを見ながら散歩しながら過ごす大みそかも、なかなか良いものです。日本に遅れること2時間(タイとベトナムの時差は無し)、もうすぐ2017年が終わります。

昨年もブログで1年を振り返りましたが、順調そのものだった2016年に比べると、2017年は色々と苦しんだ1年でした。ビジネスは順調に伸びていますが、それに伴う成長痛のようなものが沢山出た感じです。組織の人数も倍増し、内部のコミュニケーションにこれまで以上にパワーがかかるようになったり、権限委譲を進めようとするもののなかなかスムーズに行かなかったり、と色々なことを経験しました。リーダーとしての理念やリーダーシップを何度も再点検する中で、会社の成長に合わせて自分のステージを変えて行かないといけないことを学びました。

もちろん良いことも沢山ありました。これまで以上に多くのクライアントにサービスすることが出来たことに加え、育ててきた新サービスがいくつもローンチ出来るなど、マーケットに対していくつかの明確な手を打てて来たのは大きな成果でした。一人では到底実現できないことが、メンバーやパートナーの皆さんと協力することでカタチに出来るんだという事を実感した1年でした。今年も、色々な社内外のパートナーの方の力をお借りして仕事をし、そして意味のある仕事として恩を返すスタンスは今後も変えずにやっていきたいと思います。

来年は、もっと「外に出る」ことを意識する1年にします。内部をしっかり回してくれるメンバーを信じて任せ、その分の時間で自分にしかできない発信活動や社外ブランディング、リレーション活動、ビジネス創造を行っていきたいと思います。2018年が転換期だった、と思えるような、動きのある1年にしていきたいと改めて決意しています。本ブログの更新や、昨年途中で止まってしまった英語で文章を書く習慣も改めて重要度を上げて取り組んでいきたいです。

ちなみに毎年我が家は12月31日に「家庭内MBO」をやっていまして(笑)、家族それぞれの目標の振り返りと新年の目標を決めることにしています。一冊のノートにずーっと記録をつけているのですが、毎年の目標の変遷があって面白いです。といっても、そろばんの試験に合格するとか、キュウリが食べられるようになるとか、微笑ましいものばかりです。子供たちは英語やそろばん、読書を頑張るそうです。今年は、自発的に目標を宣言してくれて、子供のころから目標を決めさせる意義をちょっとだけ感じました。すぐ忘れてサボらないように、壁に貼ろうと思います(笑)

自分は仕事以外には、子供とのテニスとピアノは続けつつ、長男とマラソンに挑戦することを目標にしてみました。また家族全体としては、ちゃんと挨拶ができる家庭の文化を作りたいと思います。どれだけ仕事が忙しくても家庭が基盤なので、負担をかけている妻に感謝し、バランスを失わないよう心がけて行きます。あとは最後に、バンコクサンドイッチマンの会会長としての活動も頑張ろうと思います(笑)仕事の成果はもちろんですが、健康で楽しく過ごせる一年にしたいです。

人を信じるとはどういうことか

会社を始めて少ししたころ、3年くらい前の話です。

あるワークショップをやっていて、とても苦戦する展開になりました。内容は「日本人に、タイ人のマネジメントの仕方を教える」というものでした。基本的には僕のスタンスは、「郷に入っては郷に従え。ここはタイなんだからタイのやり方に合わせるくらいでないとダメ」「リーダーたるもの、自らの姿勢を改める姿勢で部下と向き合うべき」という考え方で仕事をしているので、そういうトーン、メッセージでやっていました。

ところが、とても難しい参加者がいました。「自分はもう5年近くタイでやってきて、もうタイ人には何を言っても無駄だと思った。タイ人を信じるといっても、こちらは緊急のプロジェクトをいくつも抱えている。たくさん痛い想いもしてきた。綺麗ごとで仕事は回らない。」と。完全に心を閉ざしてしまっています。

こういう方は時々います。それぞれ、苦労に裏打ちされた持論がありますので、それ自体は否定するものではありません。しかしながら、その態度では部下との溝は開いていくばかりです。得てしてそうした方が職場のボトルネックになってしまっているので、僕の仕事は少しでもそうした状況に変化をもたらすことです。

しかし、当時の僕は今よりもさらに経験が浅く、この状況への対応にとても困りました。面と向かって「あなたの考えは受け入れられない」と言われているのに等しい展開です。結局、恐らくは彼に十分な気付きを提供できないまま、そのワークショップは終わりました。僕はプロとして求められていた価値貢献ができたのか、すごく落ち込み、悩みました。

そのころから自分にはメンターとも呼ぶべき先生がいました。御年68歳、研修講師歴30年以上のベテラン先生です。僕を直接知っている方はよく話題に出すのでご存知だと思いますが、僕はその方から刺激を受け、時々お会いして教えを乞うようにしていたのです。

僕は彼に相談しました。自分の力不足で彼に気付きを与えられなかったと。ただ彼は心を閉ざしていてどうしていいかわからなかったと。

その先生はこんなことを言いました。

「・・・彼はどんな思いでそれを君に吐露したんだろうねぇ?」

彼は続けます。

「たぶんその人はそうとうつらい思いをしてきたんだろうね。恐らくそんな話を普段人にはしないだろう。それを、研修という場で、みんなの前でその思いをぶちまけたんだ。すごい勇気じゃないか。君はその気持ちを想像することができたか?」

「僕なら、その彼に深い感謝を込めて、”思いを伝えて頂いて、ありがとうございます”。と言うよ。彼は勇気をもってその話をしてくれたんだ。それで十分じゃないか。」

「人に対して心をオープンに出来ない人。人との関係性がうまく行っていない人。そういう人は、自分で自分のことをうまくマネージできていないんだよ。自分で自分の事を持て余してしまっている。そういう人がそういう発言をするんだ。彼は孤独なんだよ。我々に出来ることは、そんな彼の悩みを、一生懸命、理解してあげる事なんじゃないだろうか。」

・・・と、そんな話が続きました。

その先生は一事が万事、そんな調子です。何も答えを教えてはくれないのですが、答えを求めていた自分には気づかせてくれます。

こうした経験から、ここ数年、「相手を受け入れる」ことこそリーダーの姿勢だと肝に銘じてやってきました。心を閉ざしている人に対しては、その人が抱えている問題に耳を傾け、寄り添うように努めてきました。人を信じるとは、今の僕の定義ではそういう事です。

これは口で言うほど簡単なことではありません。自分の中の執着やこだわりを手放し、深い愛を備えていないとそうした態度はとることができません。今それが出来ているかというと、正直まだまだ、と思います。でも一人のリーダーとして、人の役に立つ仕事をしているものとして、その境地を目指していきたいといつも思います。

その先生には年に1回タイに来ていただき、研修をして頂いています。明日から3日間そのプログラムが始まります。毎年、年末に行うのですが、一年間で自分がどの程度成長したのか、自らを振り返る良い機会になっています。せっかくなので文章にしてみました。駄文乱文、失礼しました。

日本は衰退するから、これからはASEANだ!への違和感

最近、よく日本からの学生さんが訪ねてくれます。そういう人と会うのはとても楽しく、一つ一つの出会いに感謝するばかりです。

「なぜ東南アジアに興味を持ったの?」と聞くと、多くの人が言うのが「日本はこれから人口も減って衰退していく国なので、これから成長していく地域でキャリアを積んだ方が良いんじゃないかと思って」という理由です。間違いではないと思うけど、「別な理由も見つかると良いね」と僕は返します。

「日本が衰退するからASEAN」という選択は、「日本を選ばなかった理由」であって、「ASEANを選んだ理由」では無いと僕は思います。日本より相対的に優位であっただけで、成長国であれば他にもたくさんあります。

相対的に選んだ選択肢は、やがて相対的に選ばれなくなります。ASEANの成長もいずれ止まります。その時にその人はまた別な国を探すことになるでしょう。それも一つの生き方ですが、本当にそれでよいのかな?と思います。

金銭的な投資なら成長国に張っていれば良いでしょう。でも自分の人生の時間を投資するということは、経済的なリターン以上の意味があります。その国で時間を過ごす事で得られる様々な人生経験が得たくて、若者は海外を目指すのではないでしょうか。その時の指標が経済的な成長率だけで良いのでしょうか。

その国の何に自分は惹かれるのかをちゃんと感じることだと思います。「なんとなく癒される」「なんとなくエネルギーをもらえる」そういう事でも良いと思います。自分の感覚に論理的な説明は不要です。優等生ほど、理由で説明をしようとしてしまいます。「経済成長していて・・」「多様性があって・・」そういう理由は頭で考えた理由に聞こえます。「なんとなく好きだから」が一番強いです。

結婚相手選びにも似ているかもしれません。年収で結婚相手を選んでしまうと、相手の年収が下がったときに離婚したくなってしまいます。「とにかく相手が好きだから」という理由がもっとも強い理由でしょう。それがあればそれ以外の条件に変化があっても乗り越えられます。

ちなみに、こういった理由で、「これからはシンガポールだ!」といったような一面的な扇動をする人は僕は以前から違和感を覚えています。選択肢を紹介することは良いですが、人がどこに住み、子供をどこで育てるのかは人それぞれではないでしょうか。

自分の中の「なんとなく好き」に自信を持ってキャリア選択できる若者が増えると良いなと思います。ちなみに自分は、バンコクの街、人、家族との生活全般がとても好きなので、バンコクという場所を選んでいます。

自分の得意なことは?自分にエネルギーをくれることは?

今年最後の日本出張でした。今回も色んな気づきがありました。

ある人との会話で「自分の得意なこととそうじゃないことってあるよね」という話に。研修とかコンサルを扱う我々の仕事って3つくらいのレイヤーに分かれると思うのですが、僕は時々映画に例えたりします。

1)映画俳優:カメラの前に立つ人 
2)脚本家・監督:ストーリーを考えたり作品をデザインする人
3)興行主:映画をビジネスとして成功させる人

研修の世界で行くと1)は講師、2)はプログラム設計者やコンサルタント、3)はビジネスモデルを考える人、経営者、という感じだと思います。

僕は完全に2)3)の人で、実は1)ではありません。もちろん個別のセッションも一生懸命やりますが、どちらかというとビジネス全体を考える方が好きだったりします。もちろんこの1)~3)に優劣はありません。大事なのはそれぞれの分野が得意な人とコラボレーションして仕事を作っていくことです。

また別の人との会話では、「Jackのガソリンがたまる仕事ってなんなの?」という問いを頂きました。僕は少し考えて、「営業です」と答えました。あ、自分って営業が好きなんだな、という事にそこで改めて気づきました。

今は経営者として何でもやらないといけないので、得意なことも、そうでないこともあります。好きじゃない仕事も当然あります。でも、人間なので、自分のガソリンがたまる仕事をしてないと、やっぱりしんどくなるんだなーという事もその会話で気づきました。

とまぁ、色々と気付きを頂きました。年末ですし、色々と内省していこうと思います。(そういえば「文章を書く」のも、僕のガソリン仕事の一つです。)