読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Learning Web

起業、人材、アジア、などなど

タイの外国人向けになされたポストの翻訳

タイの外国人向けになされたポスが話題になっています。僕も感銘を受けたので、ご本人の許可を得て日本語に訳してみました。タイの方々の想いが伝わる文章です。(追記:オリジナルを末尾につけました)

This is Japanese translation of a Facebook post, which was quite impressive to me, since we foreigners can understand why Thai people respect and love the king so much. Special thanks to K. Kavil Navanugraha !!

**

タイ人以外の友人の皆さんへ

全てのタイ人にとって、最も悲しい出来事が起こったことはお聞きになられたと思います。2016年10月13日に、親愛なるプミポン・アドゥンヤデート国王が在位70年、89歳にしてご逝去されました。

それを受けてタイの友人がFBプロフィールの写真を黒を基調としたものに変更し、哀悼の意を表現しているのにお気づきになられたでしょう。また多くのニュースが、国全体が深い悲しみに包まれていることを報じています。どのような言葉でもこの悲しみを十分に表現することはできません。我々がこれまで無条件に、また心の底から愛してきた、心のよりどころを失いました。私たちの歴史の中で最も暗い出来事と言わなくてはなりません。しかし今、この国はその悲しみを共有するためにまた一つに団結しあっています。
王族、とくにプミポン国王とタイの人々との深い結びつきについて、ご存じない方も多いでしょう。なぜ私たちはこんなにも深く悲しんでいるのか。ささやかながら、しかし誇りを持って、私が知っていることを少しお伝えさせてください。

プミポン国王は1927年の12月5日に米国マサチューセッツ州ケンブリッジでお生まれになりました。プミポンとは、“大地の力”を意味し、プラチャーティポック王(ラーマ7世)によって名づけられました。お母様はもともとは一般階級の生まれでしたが、彼とお兄様、お姉さまを立派に育てられました。それは決して王室の豪華なイメージではなく、シンプルな普通のご家庭の育て方でした。

2歳の時、プミポン国王はお父様を難病で亡くされました。19歳の時、お兄様であるアーナンタ国王(ラーマ8世)が不慮の事故で命を落としたため、彼は国王に即位する依頼を受け入れ、以来国王の座についています。20歳の時に自動車事故により片目を不自由にされ、その後は常に片目で人々のためのご公務に当たられてきました。70年間、ひと時も休まずに、です。

彼が国王として初めて公式に発せられたメッセージは、“私はすべてのタイの人々が健康で、良い生活が送れるよう、公正さを持って統治に当たります”というものでした。そして彼は最後のひと時まで、その約束を守り続けました。

70年間の在位期間の間に彼はタイ王国を隅々までほぼ余すところなく訪れました。それらの多くはほとんど名前も知られていないような遠方の場所ばかりでしたが、そうしたところに赴き人々を助け、問題を取り除き、そして人々の暮らしを向上させるために活動しました。いくつもの王室プロジェクトを立ち上げ、食べ物を作り、仕事を生み、そして人々に富をもたらしました。

彼の王宮は世界の王宮の中では唯一、豪華な飾りや瀟洒な品物とは無縁の場所ではないかと思います。そこには実験農場や、農業に関する発明品、畜牛、学校、衛星ラジオ局、などがあるばかりで、すべてはおよそ王宮にあるとは想像もしないものばかりです。彼は自分の時間、お金、そして自身の幸福すらも人に捧げていたのです。それらの献身はすべてたった一つの目的、つまり愛する国民の生活を良くすることのためだけに向かっていました。

彼の人々への愛は無条件で、人種や宗教には関係がありません。仏教徒、クリスチャン、ムスリムヒンズー教徒、すべての宗教の人々に対しても彼は公平に手を差し伸べていました。これこそが、タイ王国が宗教的な面で世界で最も自由な国である理由です。彼は偉大なリーダーであり、教師であり、創造者であり、科学者でありました。また同時に軍の最高司令官でもあり、農業家であり、また音楽家でもありました。そして何よりも、この国でたった一人の、人々の心を一つに結び付けられる人でした。

かつて彼はこう言いました。「私の居場所は人々の中にある。」 彼は自身の言葉で、そして行動で、お互いを愛しまた助け合うことを教えてくれたのです。

彼は豪華で幸福な暮らしを望もうと思えばできたかもしれません。しかしその代わりに彼は非常にシンプルな生活を選び、また自身のミッションを果たすための困難な道を選びました。

そこから彼が得られたもの、そして生涯をかけて成し遂げた功績はたった一つ、人々の幸福、それだけでした。

これが私たちが彼を愛する理由です。これほどまでに深く。

誠意を込めて、
Gwaen

タイ王国チェンマイより
2016年10月14日 新しい時代の最初の一日に

[Original]

Dear all my Non-Thai friends,

Some of you may have heard about the most tragic news in our lifetime for all Thai people, the death of our beloved King Bhumibol Adulyadej who passed away on 13th October 2016 at the age of 89 and during the 70th year of his reign.

Then, you may notice that not only all your Thai friends have changed their FB profile pictures and covers all into black to mourn our beloved King but you may notice also through several news sources about the nation's deepest grieve. Not a single face without tears. Not a single word well enough to express the sorrow. The whole nation has once again united as one to share moment of the darkest hours in our history, losing the heart of the nation who we love unconditionally and wholeheartedly.

For those who are not familiar with the strong bond between Thai people and the royal family, especially King Bhumibol, you may not understand why Thais are so much in deep sorrow when the King passed away. Let me proudly and humbly share with you some of his stories I know......

Born on the 5th of December 1927 in Cambridge, MA in US. He was named "Bhumibol" which means "The Strength of the Land" by King Prajadhipok (King Rama VII). His mother who was originally born as an ordinary people and well raised him and his brother and sister in a simple ordinary way, not in a royal luxurious way.

At the age of 2, he lost his father from a severe illness. At the age of 19, he lost his brother, King Anandamahidol from a mysterious accident. So, he had to accept the request from the government to start his service on the throne ever since. At the age of 20, he lost one eye from a car accident and he had used only one eye to work for his people throughout the long service of his monarch ever since..... The long 70 years of service without a rest.

His first royal statement as a king was " I will rule the land with righteousness for all the good and well-being of all Thai people" .... And he had done what he promised every single day of his life until his last breath.

Throughout 70 years of the reigning monarch, he had traveled to almost every bit of the kingdom, mostly remote areas where the names are not eventually known to us in order to visit his people and helped them getting rid of the problems they had and leveling up their quality of life. He created thousands of royal projects to create foods, jobs and wealth for his people.

His palace is the only palace in the world where there are no luxurious decorations or fancy stuffs. There are only testing farms, agricultural inventions, cows, school, satellite radio station and other stuffs you wouldn't imagine other kings would have in their palaces. He had sacrificed his happiness, time, money and put all his devotion to his service for one single purpose, to create good lives for his beloved people. He had unconditional love for all the people, regardless of races and religious. His supports were equal for Buddhists, Christians, Muslims, Hindi, etc. This is why Thailand is one of the most free country in the world, religious-wise. He was a great leader, teacher, creator, scientist, commander-in-chief, farmer, musician and above all, he was the only man in the country who could truly unite all the people as one.

He once said "My place in this world is to be among my people"............ He taught us with words and without words via his actions to love, help and give peace to each other.

For the one who could have had a happy luxurious life if he wanted to but ,instead, he had chosen a very simple life and rough road to complete his given mission. His reward and life-time achievement was only one thing, the happiness of his people.

This is why we love him........so much......

Sincerely,

  • Gwaen-

Chiang Mai, The Kingdom of Thailand
14 October 2016
1st day of the new reign