Learning Web

起業、人材、アジア、などなど

「あなたはNew Japaneseですね」と言われた日から世界が変わった件

昨日は懐かしい友人と数年ぶりにバンコクで再会。外資系でマネジャーとして働く彼は、アメリカ赴任なども経てすごく充実したキャリアを送っているように見えた。

話しているうちに、ふと自分がシンガポールに居た時の話になった。当時僕はシンガポールの事業立ち上げ担当としてマーケット開拓に奔走しまくっていて、毎日飛び込みや電話がけなどで人種問わず色んなリレーションを作ろうと頑張っていた。シンガポールのクソ暑い工業団地を汗ダラダラ流しながら営業して回っていたことを今でもよく覚えている。そうこうしているうちに、少しずつ仲の良いシンガポール人ができてきて、またお客さんも掴めてきた。

あるシンガポール人のおじさんが、「長年私は日系企業に勤めてきて、色んな日本人と付き合ってきた。でも君のようにシンガポーリアンとちゃんと関係を作ろうとした人にはあまり出会ったことが無い。あなたはNew Japaneseですね」と言ってくれたことを覚えている。それを聞いて自分は、少し誇らしい気持ちになった。少しでも日本人の良いイメージに貢献できたのかもしれない。その一言が、自分がその後進むべき道を示してくれたような気がしている。自分は日本人の代表として、アジアで勝負していこう。そしてそれがきっと日本のために役立つはずだ。そういうことがスッと腑に落ちたような、そんな瞬間だった。

あれから5年。東南アジアでずっと仕事をしているけど、その思いは変わっていない。遠くから日本を思うと、やはり日本は素晴らしい国だなと思う。人も文化も技術もある。でもその素晴らしさが伝わっていない。感じるセンスのある人にはメチャメチャ刺さっているけど、伝え方が上手いとは言えない。かといって、「日本はクールです」と自分で伝えるのはナンセンス。滲み出しで、自然と感じ取ってもらえる伝え方をしなくてはいけないんじゃないか。自分は、自分自身の在り方や、自分のビジネスの成長によって、結果として日本人は素晴らしい、と思ってもらえれば、と思って仕事をしていきたい、と思っています。