Learning Web

起業、人材、アジア、などなど

月の初めに~”良い仕事ぶり”を称える

3月になりました。良い感じで忙しい日々が続いています。印象的な出来事を一つ。

毎月末のミーティングでは各種振り返りや共有の後に、”MVP”を他己推薦で選びます。目的は3つ。①振り返りと学び。②互いの仕事に興味を持つ。③理念・行動指針の定着。最もその月に価値の高い仕事をし、またそれが理念と照らしても素晴らしかった人に、一人一票の投票をします。

7名のメンバーのうち3人から投票をもらったNさんが今月のMVP。1月入社したばかりのNさんで、種々プロジェクトにアサインされ始めて入るものの、まだサポート的な仕事が中心。また他のメンバーが出張などでオフィスを空けることが多く、入社早々たった一人でオフィスで仕事をする日が多かった。

それでも彼女が偉かったのは非常にスピーディーに仕事を仕上げ、やるべきことを納期通りに完遂する。メンバーはそれを見ていて、その仕事ぶりが「Professional」だと称賛を受けていました。僕も彼女の仕事ぶりを素晴らしいと思いましたし、またそれ以上に、メンバーがそれに気づいて称賛していたことを非常にうれしく思いました。つまりは「求める仕事ぶり」の共通理解がなされていた(またはなされつつある)ということ、と捉えています。

・タイでも企業理念や行動指針は浸透するのか?
・アジアにおいて、スタッフの仕事の品質を会社が求めるレベルまでどう引き上げていくのか?

こうした命題はおそらく永遠に問い続けるのだと思いますが、一つ一つのこうした出来事に勇気づけられます。メンバーが嬉しそうにFBにUpしていたのを見てうれしくなりました。

(FBポストより転載)