Learning Web

起業、人材、アジア、などなど

不思議な「チネイザン」体験 in チェンマイ

さて年末年始はチェンマイで観光、ローカルフード三昧でしたが、一つのハイライトが「チネイザン」の体験でした。

チネイザンとは、内蔵のマッサージです。単なるマッサージではなく気功を取りいれたマッサージです。元々は中国由来のようですが、中国からタイに流れ着き、チェンマイがそのメッカとなったようです。(以下説明はこちらのブログから拝借)

タオイスト達の発見
タオイスト達の長年の瞑想により、内臓は小宇宙(ミクロコスモス)である人間と、大宇宙(マクロコスモス)をつなぐ霊的な力のエッセンスでありカラダをひとつにまとめ維持していく源泉であることが発見された。
そして人の持つ感情はすべてのエネルギーの現れであり、感情と内臓とのあいだにある特定のつながりや関連があるとつきとめたのだ。
タオイストたちは、不快に感じる症状のほとんどが、溜め込んだ毒素や、否定的な感情などのネガティブなエネルギーの影響であるとつきとめ、内臓機能障害を起こし、腹部にしこりを生じさせるネガティブなエネルギーをリサイクルして変容させるというチネイザンという技法を開発したのだ。
これは、毒素、悪感情、過剰な体熱(または体熱の不足)といった内臓の機能障害を引き起こす諸原因を取り除く事ができるという。

チネイザンがなぜタイなのか?
中国人の両親をもつタイ生まれのタオの世界的権威であるマンタクチャが文化大革命のとき歴史から消え去ろうとしていたこの技法をタイ式マッサージ、指圧、霊気、リンパマッサージ、スウェディッシュ・マッサージなど現代医学も取り入れて再生しタイで広めたという理由から。

この文化大革命で葬られかけ・・といったストーリー感がますます興味を掻き立てます。やはり身体だけでなく精神にも影響があるようで、腹部は感情が溜まっている場所でもあるのでそれを吐き出す効果もあるのだとか。中には泣き出してしまう人とか、色々とアイデアが浮かんでくる人とか、そんな体験談もあるそうな。・・まぁどこまで本当かわかりませんが、最近こうしたデトックス系をいろいろとトライしている私としては、(前回腸内洗浄でえらい目にあったけど) ぜひとも体験しておきたい、と行ってきました。

何人かの施術士さんがチェンマイにはいるそうですが今回担当してくれたのは日本人の方。2時間のマッサージ、瞑想付きで2000バーツ。

気と関係するだけあって呼吸がポイントです。マッサージを受けている間は、深い呼吸を繰り返します。その深い呼吸に沿って、施術士さんの手がずぶずぶと腹部に深く突き刺さります。ここは肝臓、ここは脾臓、と場所を指摘されながら、内蔵をマッサージしてもらいます。心臓もマッサージしてもらいました。痛みはなかったですがちょっと緊張する瞬間でした。

基本、とにかく痛いです。痛くて震えが来ますが、あまり痛がってしまうとそこで止められてしまい効き目がないと思い、なるべく我慢しながら2時間耐え抜きました。不思議なもので激痛に見舞われながらも、徐々に意識が無くなっていきます。起きているのか寝ているのかよくわからない時間が流れ、気が付いたら終わっていました。

僕の場合は感情が爆発することは無かったですが、なぜか幼い頃の風景が浮かんできました。地元の海、仲間の顔、が浮かんできました。同じ日に時間差で体験したうちの奥様は「10年くらい前の記憶がよみがえってきた」と言ってました。この辺りのメカニズムは謎、です。

その後、劇的に何かが起きているわけではないですが、体調はとても良いです。あとお通じもとても良いです(元々良いんですが)。まずは2,3回は続けると良いということなので、もう少し不思議体験を求めてやってみようかと。バンコクにも体験できるところがあるようですし、今回チェンマイがかなり良かったので、年に1回くらいやはり本場のチェンマイにいってやってみようかなと思いました。