Learning Web

起業、人材、アジア、などなど

グローバルリーダーに必要な「5つの人間的資質」

リーダー候補を選定するにあたって「性格や価値観」といった議論を避けては通れないのですが、Building a Global Leader Pipiline という記事に気になる部分があったので抄訳しておきます。

卓越したグローバルリーダーは主要な4つの領域で秀でている。「人間的資質」「価値観」「文化的素養」「企業での経験」だ。

「人間的資質」はもしかするともっとも獲得しがたいものであり、採用や後継者選定の過程で見定めるのが難しい分野かもしれない。それでもなお、人間的資質を見定めることは価値がある。なぜならば、それがグローバルリーダー育成において最も影響が大きいからだ。

人間的資質における”5大要素”は「外向性」「同調性」「誠実さ」「感情の安定」「経験への開放性」だ。

Effective global leaders often stand out in four primary areas: personality traits, values, cultural background and corporate work experiences. The personality traits are perhaps the hardest to change and develop, as well as the most difficult to assess during the recruiting and succession planning process. Nonetheless, assessing personality is valuable because it impacts the effectiveness of the GLD experience. The “big five” personality traits include: extroversion, agreeableness, conscientiousness, emotional stability and openness to experience.

この5つの要素、個人的には納得感があります。特にどのような環境下でもその状況を肯定し受け入れていく同調性や、約束や契約の反故、人間関係の破たんにも気持ちを切らさない安定した感情、は極めて大切であると言えます。

人間的資質はassessすることが難しい分野である、と筆者も断ってはいますが、リーダー候補人材の選定の基準として、マインドや性格の側面の基準をまずきちんと「言語化」しておくことはとても大切だと思います。

また、筆記試験や短期間でのアセスメントでは決して評価できませんが、長期間のプロジェクトなどではこういった姿勢は観察可能だと思っています。